自己管理の大切さ。

スケジュールを立てよう



PDCA編で簡単に書きましたが、その重要性を再認識していただき実践していただきたいと思い、
書く事にしました。



物販をやる上で目標というのは皆さんそれぞれあると思います。





『サラリーマンをやっているが月に20万でいいから増やしたい』

『月収100万必達。絶対に稼いで今までの人生を変えてやる』



何も考えずに就職をし、毎月会社から決められた額だけもらって満足している人もいる中で
非常に素晴らしいと思いますが、目標があるならスケジューリングを立てないと始まりません。






こちらの記事を書くきっかけになった質問者さんの例を書かせていただきますね。




月収50万という目標ですが、今は週に2回程度しか店舗仕入れができず、発送業務に追われているとの事。

その2回も、一日中回っているわけではなく、自己発送などが終わった後に近所のお店を数件回る程度との事でした。


50万の目標とは違った報告に動いている事に気づかず、販路を広げることに集中をしているために、

忙しいわりには結果が出ずに悩んでおられました。


ここで単純計算をしてほしいのですが、週2回の仕入れが例えば日利3万だとしても週6万なので

4週で稼げる金額は24万です。





もちろんその全てが1ヶ月のサイクルで売れる事はないと思いますし、売値を下げざるをえない事もあり、着地は下がります。



単純な計算ですがここから分かる通り、目標とご自身が今やっている事を照らし合わせて考えるとかなりズレた動きをしている事が分かるし、目標としている金額に到達しないのは一目瞭然です。






週4回は仕入れをした方が良いし、その効率を上げるために電脳リサーチをした方がいい


発送業務はまとめてした方がいいし、販路に意識を取られずまずはAmazonに集中をする。

どうしてもヤフショ、楽天、Amazon、他にもと思うならクロスマというツールを使えばいいです。









自分の目標を決めて、そのために逆算をする







計画はめちゃくちゃ大切。

目標を達成させるために必ずしなければならない必須事項です。





まずは目標と計画を立てたら、優先順位を考えながら1週間で何をすべきか、また今日は何をすべきかを考えてください


バカにしがちですが、かなり重要で驚くほど結果が変わりますので紙に書きだす作業を1度してみてください








僕の場合を書いてみますね




『目標月利100万』



約4週なわけですから週に25万稼がなければならない

ということは、見込み利益を日利10万だとしても、3回はいけないといけないな


それにしても闇雲で10万はかなり厳しいな。。




そしたら、リサーチに特化して時間を使おう。

あとの4日間はとにかくリサーチをしよう



休みの日であっても、リサーチだけは欠かさずしよう。


週3回は1日中回る。

まずは5万いかないと帰れまてん、だ


5万なら闇雲でもいけるし、リサーチしてるんだから何とかいけるだろう




あとの2日間は朝からリサーチ。

昼納品を終わらせて、夕方までリサーチとついでに電脳もやろう

楽天仕入れもそこですれば上積みができるな



3日行くから15万、4週で60万

今月、まずはこれを目標に取り組もう





僕の場合はざっくりこんな感じでした。






この1枚の事業計画をパソコンの横に貼って、仕入れに行っては見込み利益額を書き、1週間に1回見直して来週はもっとここをこうしよう。

こんな風に、やっていました。





あれがなかったら、コンスタントに稼げるようにはなっていなかったと思います。






自分の中で計画を立てて、奮い立たせる。

ダメなところは次の週改善をして、良い所は伸ばす。




ある程度結果が伴ってきたら今度自分しかできないことをする。

そこに最大限の時間を使う




僕の場合はリサーチです





誰にでもできることは任せればいいし、時間効率が悪いならツールに任せればいい

その経費は多少かかっても使います。






今、自分は何を優先にすべきか

都度、優先順位を決めてください





まとめます



・目標は明確に(いきなり無理な目標にはしない)


・逆算をして週単位で何をしないといけないか考える


・紙に計画表を簡単に書いてみる


・難しいようなら目標値を調整


・自分の見える場所に張り付ける


・絶対にクリアする(パワープレイになりますが一度決めたらやり切る)



こんなかんじです









今回は以上です。

お疲れさまでした




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です