Amazonせどり必須の拡張機能




◆クイックショップ 


https://quick-shop.jp/lp/

アマゾンなどの商品ページに他ECサイトの金額を表示してくれるという

商品リサーチを効率化するために開発されたオールインワンのリサーチツールです。


電脳をするうえでリサーチ時間の短縮は必須課題だと思いますが、それをかなえてくれる

優秀なツールです





◆Keepa


Keepaに関しては商品の仕入れ判断をする上で必ず必要なツールとなります。

月額で1,800円ほどの有料となります。



Keepaを導入すると商品ページに下記のような表が表示されます。

この表ではAmazonのランキングの推移、価格の推移、出品者数の推移などその商品の売れ行きを詳細に調べることができます。

つまり売れるかどうかを判断するためのツールになります。



僕が教えるせどりのやり方では、廃盤商品や定価越えの商品を対象とすることが多いです

その時の市場の相場と比べて安いものを仕入れて、適正相場で販売して差益を得ていきます。


ただし、せどりで儲かる商品を見つけるというのはただ仕入れ値と販売額との価格差のある商品を見つけるだけではないです。



「儲かる商品とは価格差があり、且つ、その販売額で売れる商品のこと」です。

ただ単に価格差のある商品を見つけたからといって売れなかったら儲かりませんよね。




例えば画像のような商品を他サイトで4000円で仕入れができそうな場合、Amazon価格3800円も価格差があるので

「儲かる商品」と決めてしまうのは早計です。



安く仕入れたとしてもAmazonで7800円で売れなければ儲かりません。

この商品がAmazonで7800円で売れるのか確認することが重要です。



AmazonにはAmazonランキングがあり、その商品のAmazon内のランキングを見ることができます。

そのランキングだけで売れるのかどうかの判断してしまうのは少し雑すぎです。


というのも、このAmazonランキングですが過去30日間の売上集計の結果が反映されていて仮にこの価格より安い価格で販売されていたものが売れていただけの可能性もあります。




例えばこの商品の定価4000円でAmazonで販売されていて、それが売れて品切れになり現在は定価を超えるプレミア価格になっているということも考えられます。


その場合この商品ページ上ではプレミア価格であり高ランキングな商品と見えますがこのプレミア価格7800円で売れるということまでは判断できません。




このプレミア価格7800円でも売れると根拠を持てるようにリサーチすることがとても重要です。

その根拠を持てるようにリサーチできる拡張機能がKeepaです。